くらしはっく

新社会人に送る節約術、ライフハック。

梅雨の前に準備しておきたい、自転車通勤の雨対策5つ

f:id:ena3:20150424145354j:plain

雨の日の自転車は危険!しっかり対策を

まもなくやってくる梅雨。雨の中、通勤するのは憂鬱ですよね。特に自転車通勤の方は、視界も悪くなり、事故の危険性が増します。万全な雨対策で、梅雨に備えましょう。

広告

 

 

レインウェア(かっぱ)を着用する

傘をさして自転車を運転するのは、違反だって知ってましたか?ハンドルに傘を固定するのもNGです。雨の日に自転車通勤をする場合はレインウェア(かっぱ)を着用しましょう。

レインウェアといってもピンキリですが、自転車通勤用に買うなら、

  • 自転車がこぎやすいセパレートタイプ
  • 汗をかくので通気性に優れたもの
  • ワンサイズ大きいもの

を選ぶようにしましょう。

少し値がはりますが、バイク用のレインウェアで15,000円前後のものがおすすめ。性能や耐用年数を考えれば、賢い買い物だと思います。

 

バッグ用レインカバーを使う

体に密着するメッセンジャーバッグなどであれば、上からレインウェアを着れば大丈夫ですが、ビジネスバッグの場合は、バッグ用のレインカバーを使いましょう。1000円台から買え、カバーをつけたままで、物の出し入れができるので便利です。

 

kurashi-hack.hateblo.jp

サドルカバーでサドルをガード

駐輪所に置いているときに雨が降ってしまうと、自転車のサドルが濡れると、表面だけでなく、中のスポンジまで濡れてしまい、傷んでしまいます。自転車に乗らない時は、コンビニの袋をかぶせておくか、専用のカバーをつけておきましょう。

 

レインキャップで視界を確保

雨の日に視界を確保するには、雨が目に入らないような対策が必要です。レインウェアを着ていても、顔を完全に覆うことはできないので、つばの長いキャップを着用しましょう。

 

濡れたハンドルもしっかりグリップ、レイングローブ

ハンドルが濡れると、素手では滑ることがあるので危険です。レイングローブをつければ、グリップ力が増し、安全です。2000~3000円で購入できます。

 

まとめ

雨の日は自転車に乗らないというのもアリだとは思いますが、歩いて通勤となると、自転車の2~3倍の時間がかかります。それならば、雨の日の対策をキッチリとして、自転車通勤を快適なものにしてみましょう。それでは、また。

広告を非表示にする