読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらしはっく

新社会人に送る節約術、ライフハック。

日差しが強くなる前に、外回りの営業職がやっておきたい日焼け対策5つ

f:id:ena3:20150421161156j:plain

夏を前に、やっておきたい紫外線対策

一昨日まで雨が続いていましたが、ようやく春らしい気候になりました。これから気温が上がり、日差しも強くなってくると、日焼けが気になりますね。特に営業で外回りをする方に、日焼けを防ぐための方法を調べてみました。

 

①日焼け止めはこまめに塗る

せっかく日焼け止めを塗っても、衣服の摩擦や汗で、落ちてしまいます。日焼け止めは、こまめに塗り直さないと、効果を発揮できません。できれば、2~3時間おきに塗り直したいところです。紫外線量が多くなる10時~13時。この時間に屋外に出る場合は、これより前に塗り直しをしておけば、効果が期待できます。

 

②外出時はスーツのジャケットを脱がない

ジャケットを脱がないことは、日焼けを防ぐために有効ですが、熱中症には十分注意してください。こまめに水分補給するのを忘れずに。首に冷たいタオルを巻いて、体を冷やすのも大事です。荷物に余裕があれば、日傘をさすのもいいですね。

 

③UV対策メガネで目の紫外線対策を

いくら、お肌のUVケアをしていても、眼が無防備だとその効果は半減。目が日焼けをすると、その情報が脳に伝達され、肌を守るためのメラニン色素を作る信号が出されます。その結果、皮膚が黒くなります。UV対策メガネをかけて、目を保護しましょう。

 

④ビタミンCでお肌のケアをする

ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑える働きがあります。ビタミンCを含む化粧品もありますが、食品などで体内から摂取すればより効果的です。中でもビタミンCが多く、美肌にも効果があるトマトやオレンジがおすすめ。苦手な人はサプリメントで代用しましょう。

 

⑤日焼けをしてしまったときは、早めの対策を

日焼けはシミやお肌のトラブルの原因。うっかり日焼けをしてしまったら、早めのケアを心がけましょう。

まずは冷やす

 冷水をしぼったタオルや保冷剤などを、日焼け部分に優しく当てて冷ましましょう。炎症が起こるのは半日後からなので、それまでにしっかりクールダウンするのが大切です。

水分補給

 日焼けした部分に、化粧水を使ってしっかりパックします。仕上げに乳液でフタをするのも忘れずに。

刺激を与えない

 日焼け後の肌は、傷つきやすいので、強いシャワーやゴシゴシ洗いは厳禁。優しく、丁寧に洗いましょう。また、すれるような服は避けましょう。

 

まとめ

日焼けはできるだけしたくないものですが、仕事に支障がでない程度にやってみてくださいね。それでは、また!